マンション売却

売りに出した翌日すぐに買い手が見つかったという、兵庫県の会社員さんからお寄せいただいたマンション売却体験談です。

詳しく触れられてはいませんが、値付けさえ間違えなければ築浅マンションの売却は結構スムーズに進むものです。それにしても翌日というのは早いですね。

マンション売却体験談

我が家がマンションの売却を行ったのは8年前です。
新築の分譲マンションを購入してちょうど2年間住んだタイミングで、転勤の辞令が下り、賃貸に出すか売却するか悩んだあげく、売却に踏み切った次第です。

賃貸に出すことも考えましたが、毎年の行政処理や、将来にわたっての手続きの継続、借主があら笑えなかった時のリスクを考慮して売却にした次第です。

実際には不動産会社に間に入ってもらういわゆる媒介契約です。もともと購入した不動産会社の関係会社の契約をお願いすることができ、買主も売りに出して翌日には3人の候補者が出たくらいでした。

手続きも至ってスムーズでした。候補者のうちの1人が金額も了承のうえ、すぐに下見に来てくれました。

もともと2年しか住んでいないのでもちろん、問題もなく、オーダーでつくったカーテンをそのまま残しておいてほしいというオーダーがあった以外は特に問題もなく下見も終わり、契約に移ることになりました。

転勤

なんといっても、辞令が下り、転居するまでにすべてを終えてしまいたかったので、このスピード感は非常にありがたかったです。

実際には、不動産会社に私と買主が並び、契約書に押印するだけで処理終了です。

お金に関してはローンの残金処理、売却金額の差額などを、すべて不動産会社が手続してくれましたので、口座に振り込まれただけで全く問題もなく、手間もかかりません。

売却にあたっては値段のことから手続きから苦労するという話を聞いていましたが
我が家の場合は何一つ苦労することなく手続きを終えることができました。

兵庫県 40歳 男性 会社員

チェック!
早期売却を目指すには、一括査定サイトの利用が効果的です。
一括査定サイト比較 ※利用するメリットと選び方