住宅

一括査定サイトを利用すると、業界最大手から地元優良企業まで
たくさんの不動産会社の中から4~6社選んで、机上査定を依頼することができます。

その結果を見て、ドコに売却を依頼するか、
あるいは、売却そのものを中止するか、具体的に検討することができます。

最初の、4~6社の選択に迷われる方も多いかと思いますが、
確定ではなく「候補」なので難しく考える必要はありません。

普段目にする折込チラシなどの印象で選ばれると良いと思います。
そういった何気ない印象に残っているということは、
それこそがその会社の実力であり、販売には有利になってきます。

絞り切れなければ、まず候補に入れるべきは、住友不動産販売さん。

住友不動産販売

業界最大手だからというのではなく、個々の営業の方は
地域・担当エリアに密着した営業を展開されいるからです。

確実性のある販売力は、おそらく業界随一でしょう。
その分、査定価格はシビアになりがちな傾向はあります。

だから単独で査定を依頼するよりも、一括査定が有利です。
ご本人は(広報的には)同じであると、否定なさるかも知れませんが、
依頼する方からしたら、その方が安心ですね。
ぜひ、競ってぎりぎりの高値を狙っていただきたいですね。

分譲マンションなら

ライオンズマンション

分譲マンションなら、デベロッパー系列の仲介業者が有利になります。
例えばライオンズマンションであれあば 大京穴吹不動産さんですね。

ただし、地元に店舗がない場合は、やはり地元の業者の方が強いかと思います。
絶対的な基準ではありませんが、同じ最寄り駅の業者さんが望ましいですね。

一戸建て

特に築10年を超える物件の場合は、
「補修サービス」が充実している三井のリハウスさんがお奨めです。
これは、無料で補修するというものではなく、
築10年以下は担当者、それ以上は専門会社の検査が無料で実施されます。

その結果問題がなければ、一般的な契約では売主さんの負担となる
引渡し後3ヶ月間の瑕疵担保責任がリハウスさんによって
最大250万円までカバーされます。

(専任媒介契約に限るなど諸条件があります)

瑕疵担保責任のリスク軽減も魅力ですが、
何より検査済み物件として売りに出せるのが強みで、
これが売却に大変有利になってきます。

瑕疵担保サポートサービスをやっている会社は他にもありますが、
築10年を超える物件で、専門会社の検査が実施される例は
あまりないのではないのかと思います。
営業担当者の目視と、専門会社の検査では信頼の重みが違ってきます。

長きに渡り業界一位を堅持している実績は、
リハウスガールさんの力によるものだけではなく、
充実したサービスによって支えられているのでしょうね。

また、大和ハウスグループの日本住宅流通さんでは、
築2年以上、20年以内物件を対象に、
専門会社による検査を実施されています。

大手仲介業者の一戸建て売却瑕疵担保サービス比較

土地

金融機関系の不動産会社には、一般の不動仲介会社が持っていない
売り土地物件があったり、情報が速かったりしますので、
そういことをご存知の方は、金融機関系の不動産会社に土地を探しにいきます。
つまり、オリジナルの販路を持っています。
また、取引にも精通されていますので安心です。

例えば、三井住友信託銀行グループの三井住友トラスト不動産さんは、
ぜひ候補にいれておきたいですね。