不動産買取査定

マンション、一戸建て、土地、不動産の売却は、仲介業者を通して
流通市場で売りに出すのが一般的ですが、
市場には出さずに、不動産業者に直接買い取ってもらう方法もあります。

▽ 買取は損?
買い取り価格は市場価格より3割ほど安くなります。
▽ 例外は
その業者の新築分譲物件に買い替える場合
▽ 買取のメリット
現金化がスピーディー わずらわしい作業も不要

買取は損?

おおよそ多くの物がそうであるように、業者による買取価格は、
転売を目的とした仕入れ値ということになりますので、相当シビアな額になります。
不動産の場合だと、市場価格の概ね3割ほど安くなります。

ですから、よほど差し迫った理由でもない限り、
「買取」を選択肢に入れるべきではありません。

3割も安くしなくても、地域や時期・市況によっても異なりますが、
1割も安く売りに出そうものなら、普通は1ヵ月もしない内に売れるはずです。

例外は、新築への買い替え…

業者が高く買い取ってくれる唯一の例外は、
その業者の新築分譲物件に買い替えるケースで、
売れ行きが不調であるとか、買い取る物件の方が安いとか、
そういった諸々の条件が合致した時です。

建売り

つまり、値下げする替わりに、その分を買い取り価格に反映させるのです。
特に分譲マンションや、規模の大きな建売り住宅の場合は、
売れ残った物件をおおっぴらに値下げすると、
先に値下げなしで買った人達が怒っちいますので、
そういう部分で、こっそり抱き合わせをしたりすることがありあます。

例えば市場価格で買い取る分には、値下げには見えませんが
実質的には、相当大きなサービスをしていることになります。

必ずそうなるというこではありませんが、
特に不動産市況の厳しい時期は、そういうことも知っておいた方がいいでしょう。

買換えの売却依頼は、一般媒介契約がベスト

不動産業者による買取のメリット

「買取」のメリットは、スピーディーに現金化できることにあります。
買い取り価格の交渉さえまとまれば、あとは「決済」するだけです。
不動産現金買取
通常の仲介による売却では
媒介契約締結 ⇒ 売却活動・内覧 ⇒ 売買契約 
と、いった手続きや作業を踏んでやっと
決済にたどり着きますが、
「買取」であれば、それらを全て省略できます。

売却活動・内覧の必要がなくなれば、
ご近所さんに知られる心配、気遣いもなくなります。

仲介の場合でも、広告を一切禁止したり、市場に公開せずに こっそり売却することも、価格をを抑えることで可能になりますが、
物件を見ないで購入を決められる方は例外中の例外にあたり、
最低一度の内覧は、どうしても必要になります。

手続き・作業がわずらわしいのが嫌で、買取を選択される方は、
価格差があまりにも大きいので、まずいないとは思いますが、
大きな特典ではありますね。

また、「買取」は業者と直接取引するわけですから、仲介手数料は不要です。
しかしそれ以上に価格差が大きいので、
特徴ではありますが、メリットにはなり得ません。

つまり「買取」を選択する目的は、スピーディーな現金化、これに尽きます。
では、どこに依頼すれば有利か? が問題になりますが、

現金化を急ぐ場合でも、一括査定サイトを利用することによって、
買い取りも含めて、一人ひとりの事情・状況に対応した不動産業者を
効果的に選ぶことが可能になります。

【不動産売却】一括査定サイト比較