「不動産」と一口に言ってもたくさんの種類、分野がありますが、このサイトでは主に、
個人の方が所有するマンションや一戸建て、ご自宅の売却の仕方について掲載しております。
少しでも高く、有利に売却するためのヒントになれば幸いです。

  1. マイホームの査定依頼をする前に
    マイホームの売却を思いついたら、いくらで売れるかが最大の関心事ですね。
    今はネットですぐ査定を依頼できる便利な時代ですが、
    でもその前に、確認しておくべきこと、知っておくべきことがあります。
    基礎知識を持っておくことで、業者選びから売却まで有利に展開することができます。
    お住まいの査定を依頼する前に知っておくべき3つのこと
  2. 査定
  3. 一括査定
    不動産仲介業者に査定してもらうことで、それを元に売却を具体的に検討することが出来ます。お住まいの売却には、抵当権の抹消が大前提になるので、その額によっては売らない方が良いケース、売ることができないケースも有り得ます。
    また目的によっては、無理に売る必要もないでしょう。▽
    査定価格などから判断して売却したいといことになれば、通常は査定した業者に売却を依頼することになります。
    一括査定サイトを利用することで、査定が有利になり、業者選びがスムーズに行えます。
    一括査定で高く売るコツ ▽▽▽

  4. 媒介契約
  5. 媒介契約を結ぶことにより、売却依頼が正式なものとなります。
    媒介契約の種類と特徴、選び方

  6. 売却活動
    ここから先は、仲介業者が全てリードしてくれます。
    「売りたい」という思いは業者も、依頼主さんも同じはず、チームとして、パートナーとして力を合わせて頑張って下さい。有利な売却のために依頼主さんがすべきことは、
    ・いつでも内覧(見学)に立ち会える準備がをしておくこと、
    ・いつもきれいに(特に水まわり)しておくこと
    この2点が大切です。2ヵ月も3ヶ月もやってられなくなりますので、早期決着を目指しましょう。不動産販売はスピードが命です。
  7. 売買契約
    買主の融資実行、売主の引越しの都合などに合わせて決済日を調整します。これでほぼ確定ですが… 通常の契約には「ローン特約」をつけますので、買主さんが金融機関から融資を断られれば、契約は無効になります。それ以外の都合の場合は、双方とも、手付金相当の違約金を支払うことで解約することができます。
  8. 決済/引渡し
    おめでとうございます。お疲れ様でした。決済は通常金融機関で行われます。

自宅売却

一括査定で高く売るコツ

一括査定を利用して お住まいを高く売るコツは、
「高くする」ことと、「高く売る」ことの違いを明確に認識することです。

売り出し価格を高くすることは簡単です。
しかしそれで売れるかのかと言えば、むしろ状況は不利になります。

場合によっては、売り出し価格を高めに設定しておいて、
物件に興味を持った人が現れてから、値段交渉をするという方法もありますが、
類似物件が周りないということが必須になり、
そうでなければ、高値がついている時点で、検討の対象から外されます。

不動産流通市場には実に膨大な数の売れ残り物件が溢れています。
3ヶ月売れなければ、その仲間入りが確定的になります。
そうなるともう奇跡のマッチングでもない限り、
売却を諦めるか、値下げして安く売らざるを得なくなります。

「高く売る」といいうことを、現実的に考えるのであれば、

売れる価格、適正価格の枠の中で、
いかに高くできるかを考えることが重要です。

クイズ番組の「うちわで一番近い方が正解」、あのイメージです。

一社のみの査定より、一括査定を利用する方が査定価格は高くなります。
しかし、実際に「高く売る」ためには、
適正価格の範囲であるか見極めることが需要です。

つまり、その見極めるコツが「高く売るコツ」になります。

無料一括査定サイトの「イエウール」さんであれば、
4~6社を選んで一括査定を依頼することができますが、
算定根拠もリクエストすることができます。
それを見極めることが最重要になってきます。

不動産の適正価格は、直近の取引事例を基準に決まりますので、
当然、算定根拠も取引事例を無視したものであってはなりません。

今、売りに出されている物件の価格に合わせると
一緒に売れ残る公算が大
きくなりますが、

「先月あそこが ○○○○万円で売れた、じゃウチは…」
そうな風に考えることが、適正価格を見誤らないコツにります。

三井のリハウスさん、住友不動産販売さん、東急リバブルさんはじめ
不動産流通業界の一流企業から、地元の優良会社まで千数百社が
参画しているので安心して選べます。候補選びに迷ったら

一社単独査定であれば、どうしも業者のペースにのせられがちですが、
見て比べることが大前提の一括査定、先方も承知しているはずですので、

具体的にすすめるるもよし、考え直すもよし、
依頼者さんのペースで、冷静に算定根拠を見比べて下さい。

無理に売らなくても…

査定価格が芳しくなかったら…
売却の目的が「買い替え」や、「現金化」ということであれば、
それでも現実的にシビアに検討していく必要があり
ますが、

現金化を迫られているという事情でもなければ、
無理して売ることもないですよね。

寝かしておけばいずれ高く売れる、といことは考えにくですが、
売り払うよりは、賃貸に出すなり
運用を考えた方が得なケースも多々あります

例えばマンション…

売買市場では苦戦したとしても、賃貸市場へ行けば鳴り物入りですよ。
何てったって「分譲マンション」なのですから。

分譲マンション

賃貸物件の広告を見ると、分譲マンションの貸し物件は
分譲貸しと特筆されています。
建物自体のつくり、それから設備、さらに管理環境に至るまで、
分譲マンションは、一般的な賃貸マンションに比べて圧倒的に優れています。

本題からそれますが、
不動産は買うべきか、借りるべきかとい論争は、
年々「買い」が不利になって来ているような気がします。
しかし、多くの購入した方々は
負担よりも住み心地が良くなったことを、より強く実感されています。
何か、そういった事実は無視されているような気がします。

で、本題に戻りますが、
要はローン返済額や固定資産税などのコストに比べて、
家賃収入がどうかということですが、
ローンはいずれ終りますが、家賃はその後も続きますので
トントンでも将来的には丸儲けですね。

そんな先の話ではなくても、返済より家賃収入の方が高くなるケースは
決して珍しいことではありません。

一戸建てについても、基本的な考え方は分譲マンションと同じですが
マンションに比べて市場が小さくなる分、借り手の着かないリスクは高くなります。
またメンテナンスの考慮も必要になってきます。

古くなった一戸建てや土地

新しく賃貸物件を建てるとなると大事業になりますが、
駐車場であれば比較的手軽に運用することがでます。
その土地土地に適した運用の仕方があります。

いずれにしても…

まず、売却価格の目安を把握することで具体的な検討をすることができます。
売るにしろ、売らないにしろ、そこがスタートになります。

「イエウエール」さんの一括査定システムを利用すると
大手業者、地元の業者の算定するしっかりとした売却価格を
手軽に入手することができます。⇒ イエウール