査定価格が芳しくなかったら…

査定価格が芳しくなかったら…
売却の目的が「買い替え」や、「現金化」ということであれば、
それでも現実的にシビアに検討していく必要があり
ますが、

現金化を迫られているという事情でもなければ、
無理して売ることもないですよね。

寝かしておけばいずれ高く売れる、といことは考えにくですが、
売り払うよりは、賃貸に出すなり
運用を考えた方が得なケースも多々あります

例えばマンション…

売買市場では苦戦したとしても、賃貸市場へ行けば鳴り物入りですよ。
何てったって「分譲マンション」なのですから。

分譲マンション

賃貸物件の広告を見ると、分譲マンションの貸し物件は
分譲貸しと特筆されています。
建物自体のつくり、それから設備、さらに管理環境に至るまで、
分譲マンションは、一般的な賃貸マンションに比べて圧倒的に優れています。

本題からそれますが、
不動産は買うべきか、借りるべきかとい論争は、
年々「買い」が不利になって来ているような気がします。
しかし、多くの購入した方々は
負担よりも住み心地が良くなったことを、より強く実感されています。
何か、そういった事実は無視されているような気がします。

で、本題に戻りますが、
要はローン返済額や固定資産税などのコストに比べて、
家賃収入がどうかということですが、
ローンはいずれ終りますが、家賃はその後も続きますので
トントンでも将来的には丸儲けですね。

そんな先の話ではなくても、返済より家賃収入の方が高くなるケースは
決して珍しいことではありません。

一戸建てについても、基本的な考え方は分譲マンションと同じですが
マンションに比べて市場が小さくなる分、借り手の着かないリスクは高くなります。
またメンテナンスの考慮も必要になってきます。

古くなった一戸建てや土地

新しく賃貸物件を建てるとなると大事業になりますが、
例えば、駐車場であれば比較的手軽に運用することがでます。

アパート、マンション、戸建て賃貸、高齢者施設…
その土地土地に適した運用の仕方がありますね。

⇒ アパート経営、マンション経営などをお考えの方に、土地活用プランを完全無料で一括比較

いずれにしても…

まず、売却価格の目安を把握することで具体的な検討をすることができます。
売るにしろ、売らないにしろ、そこがスタートになります。

一括査定システムを利用すると
大手業者、地元の業者の算定するしっかりとした売却価格を
手軽に入手することができます。
一括査定サイト比較 ※メリットと選び方