不動産査定

マンション、一戸建て、あるいは土地でもそうですが、
不動産の売却は一括査定サイトを利用する方が、査定額は高くなります。
競争原理が働くので当然ですよね。

ただし、個別に複数の業者にアプローチするのは、得策ではありません。
全力で仕事を獲りに来る営業マンを何人も相手にすると疲弊してしまいます。
相手はプロですから、必ず業者のペースに巻き込まれます。
(逆に、それが出来ない営業マンなら、売却のパートナーとしては頼りないいですね)

一括査定サイトを使うと、そういった営業マンの言い分を掌に乗せて、
依頼者のペースで検討できますので、これも大きなメリットですね。
【不動産売却】一括査定サイト比較 ※メリットと選び方


一括査定の上手な使い方

類似物件

一括査定サイトはたくさんありますが、基本的な使い方はどれも同じです。
まずは、売却したい物件の住所など必要事項を入力します。

すると、査定可能な不動産会社が表示されますで、
この中から、机上査定を依頼する会社を5社ほど選びます。

この段階では、実際に机上査定はしてもらいますが、
売却依頼の候補でしかないので、あまり難しく考える必要はありません。
例え、選択を間違ったと、後になって思ったとしても
正式に依頼するまでは、特に問題はありません。何度でもやり直すことは可能です。

候補選びは、「CMが素敵」そういった理由でも全然問題ありません。
印象だけで、どんどん選んで行きましょう。
この「印象」もすなわち、不動産屋の実力です。
それでも選択に迷ったら、参考にこちらをどうぞ。
【不動産一括査定】ドコに査定を依頼する? 候補選びに迷ったら…

候補に考えていた会社が参加していなければ…
その時は迷わず、別の一括サイトを試してみましょ。
3つ、4つ当たってそれでもなければ、
その会社に直接、査定を依頼すればよいわけですが、
その場合でも、並行して一括サイトを利用していると、
競争原理が働きますので、査定が少しでも有利になります。

一括査定サイトから机上査定を依頼すると、
通常翌日には、メールや電話で回答が来るわけですが、
ここから先が重要になって来ます。


大切なのは算定根拠

複数届いた机上査定を比較して、
そこから本査定を依頼する業者を絞り込むわけですが、
検討する上で大切なのは、何故その額なのか、
算定根拠をしっかり見極めることです。

見極めると言うと、難しく聞こえるかも知れませんが、
「先月あそこが ○○○○万円で売れた、じゃウチは…」
そんな風に考えると、分かりやいかと思います。

つまり、算定根拠は直近の取引事例をもとにしたものでなくてはなりません。
査定価格、売り出し価格の決まり方

類似物件をもとに、
「先月あそこは 3000万円で売れました。だけどお宅は4000万円。」
そう言われてアナタはそれを信じますか?

メールで届いた机上査定に、取引事例をもとにした
算定根拠が記されていれば良し、記されていなけれれば問い合わせてみましょう。

その地域に精通した業者なら、類似物件の取引事例を複数把握しているはずです。
事例をもとに、しっかりとした算定根拠を提示できるかどうかが、
営業マンを見極める有力なバロメーターになります。

はったりの高値ではなく、
適正価格の中で、少しでも高く頑張ってくれる業者を選びたいですね。

実際に自宅を見てもらって査定してもう業者は1つに絞り込むのが
難しければ、2つでも3つでもかまいません。
それ以上多いとややこしくなるので、3社で納得いかなければ、
少し間をおいて仕切り直した方がいいかと思います。