東京の分譲マンション

マイホームを買う際には、限られた予算の中で
広さを優先するか、それとも立地か、誰しも悩まれることと思いますが、
将来の売却を前提としていたという兵庫県の会社員さんは、
ブランド価値の高い場所、「狭いながらも非常に立地のよいところ」を購入。

その結果、転勤の都合で予定よりだいぶ早く売却することになったものの
高く売ることができたそうです。
仲介は、分譲した会社のグループ会社に依頼したそうです。

マンション売却体験談

わたしが物件を売却したのが8年前のことになります。
もともと、東京都内での勤務が長くなるという想定のもと、
かつ最終的には関西の実家に戻る前提で売却できるような物件を探して購入しました。

新築マンションでかつ、価格が落ちにくいと、
さらに子供の教育を考えても問題のないところを選んだつもりでした。

家内はせっかくだからブランド価値の高い場所ということで
狭いながらも非常に立地のよいところを購入しました。
転勤
10年以上はそちらにすむつもりにしていたのが
突然関西への転勤を言い渡されてしまったのです。
かなり早いタイミングになってしまいました。

賃貸に出すのか、それとも売却するのか迷いましたが管理上、
賃貸にすると非常に手続きが毎年発生して面倒なこと、
そしてそのタイミングで売却すると
かなりの高値になるということがわかっていたので
売却という手段を選ぶことにしました。

転勤までにあまり時間が無かったので
本当は数社見積もりを出してからでもよかったのですが、
購入時にお世話になった不動産会社のグループに一括でお任せすることにしました。

なんといっても購入時よりも値段が上がっているという時点で売却をすぐに決めました。

おかげさまで手続きに関しても非常にシンプルでした。
契約ということで購入者に会うことも下見も含めて2回だけでした。
書類に関しても非常に簡単なものだけで終了。

今考えてもあのスピーディーさは驚きでした。
人生でそうそう機会が無いことですが大きなお金につながるお話なので
しっかり考えてから行動にうつすべきかと思います。

我が家の場合は物件の購入、売却と非常にスムーズにいったということで、
今では本当によかったかなと考えています。

兵庫県 40代 男性 会社員

マンションを高く売るための業者選び3つのポイント