東京の街並み

媒介契約に於いて、「専属専任媒介契約」を選択すると不動産業者は
5営業日以内に指定流通機構に売却依頼物件の登録することが義務付けらています。

「専任媒介契約」なら7営業日以内、「一般媒介契約」には登録義務はありません。

指定流通機構とは、国土交通大臣が指定した不動産流通機構で、
Real Estate Information Network System から
不動産業界ではレインズと呼ばれています。

レインズに物件の登録をすると、不動産流通市場に情報が公開されます。
つまり、ほぼ全ての不動産業者が、その物件を販売できるということです。

例えばA社がレインズに登録した物件を、B社が案内したいということになると
B社はA社に連絡をして、内覧をセッティングします。
それで契約がまとまれば、A社は売主から、B社は買主から報酬を受け取ります。

この一連の流れで、A社の仕事は売主側の窓口業務と、
契約か決済・引渡しの実務を見守るだけです。
自分で買い手を見つけなくても報酬を得られる訳ですから、おいしい仕事です。
(もっとも実際は、媒介契約を得ること自体が大変な仕事ですが…)

だから、「義務」ということになっていますが、楽して稼げる「権利」でもあります。

しかし、不動産屋の営業マンは皆さん仕事熱心ですから、
売主さんと買主さんの双方から報酬を得たいと、普通は考えます。
つまり情報は公開せず、独占したい訳です。

専属専任、専属の場合は、それでは販売の可能性が広がりませんので、
それぞれ5日と、7日以内の登録が義務付けられています。

では、レインズ登録が不動産売却の必勝法かといえば、それは違います。

むしろ、営業マンが自力で売りにかかっている時の方が、売れる見込みは濃くなります。
さらに、購入を検討されている方も、非公開物件の方が強く興味を示します。

個々の状況によって変わってきますが、
レインズに登録さえしておけば高く売れる、ということは決してありません。