マイホーム売却の消費税

新築の分譲マンションや一戸建て住宅の広告には、消費税が明記されていますが、
個人の方の不動産売買には、消費税はかかりません。

ただし、それが職業であれば個人、法人にかかわらず必要になりすが、
職業にしているか方には説明は要りませんよね。

つまり、マイホームの売却には消費税は不要です。

しかし、多くの方は売却を不動産会社に依頼されると思いますが、
その仲介手数料には必要になります。

通常、仲介手数料は3%+6万円ですから、
例えば3000万円で売れたとしたら、96万円対して消費税がかかってきますので
結構な額になりますね。

その他には、
住宅ローンが残っていれば、完済して抵当権を抹消しないと売れませんのので、
その手続きのため、司法書士に支払う手数料に対して必要になってきます。
しかし、抵当権抹消にかかる総費用自体が1~3万円ほどのものなので、
そう大した額にはなりません。

もし、自前で広告を出すとしたら、当然それに対して消費税は必要です。
しかし一般的には、広告を出すのは不動産会社の仕事なので、
依頼者が負担することは、特殊なケースを除いてありません。